性病が妊娠に及ぼす害について徹底解説

性病が妊娠に及ぼす害について徹底解説

性病に侵されていませんか?妊娠する上で気をつける事はたくさんありますが、意外に盲点なのが性病感染ではないでしょうか。ここでは性病が妊娠に及ぼす害について徹底解説します。

 

淋病感染症

 

淋病は淋病という細菌が性交渉やキスなどで感染し、黄色い膿のようなおりものが出てきて、膣頸管炎をひき起こす病気です。そのまま放っておくと尿道や子宮頸管から感染が進行して、炎症が子宮の奥や卵管まで達します。すると不妊の原因になる可能性があります。治療は抗菌剤の内服や注射ですが、ちゃんと治しておく必要があります。産道感染で赤ちゃんが結膜炎を起こして失明する事があるからです。

 

ヘルペス

 

単純ヘルペスウイルスに感染して性器や肛門回りに小さい水泡がいっぱいできる病気です。初感染の時には特に症状が強く排尿ができないくらいに痛くなります。水泡がつぶれた後は潰瘍状になります。抗ウイルス薬で治療するのですが、一度感染してしまうと再発を繰り返します。分娩時に胎児に感染して新生児ヘルペスを発症すると脳炎や肺炎を起こして死亡率は高いです。後遺症の危険性もあるので、非常に注意が必要になります。

 

尖圭コンジローム

 

性交渉でヒトパピローマウイルスに感染して、尿道口とか外陰部にイボができます。ただイボができるだけでかゆみとか痛みがないため触ってはじめて気がつく場合も多いです。なかなか見えないところにあるので入浴時などに触ってみるのも良いでしょう。電気メスやレーザー、凍結治療法などでイボを切除します。分娩の時に胎児に感染して稀にですが喉にイボができて気管が詰まって窒息する危険性があります。

 

カンジタ膣炎

 

普段から皮膚や粘膜に存在しているカンジタという真菌が原因です。体の抵抗力が弱くなっている時や抗生物質を服用した時に発生する他、性交渉で感染する事もあります。膣内や外陰部に痒みが出たり、豆腐カスのようなボロボロしたおりものが出るなどの症状が出ます。膣坐薬や軟膏などで治療していきますが、再発してしまう事もあります。産道で赤ちゃんに感染してしまうと、口の中が白くなる鵞口瘡という病気にかかる事があります。

 

特に妊娠中は膣内の環境が変わるために、普段よりもカンジタ膣炎にかかりやすいですから気をつけてください。性感染症というとなんとなく病院に行きづらいかもしれませんが、症状が悪化するなどする前に行った方が後で後悔する事がありません。それから性感染症は男性よりは女性の方が感染しやすいという事も知っておきましょう。

 

カマグラゴールドの効果と最安値の通販を徹底検証!
エアバギーココの人気ベビーカーが安いネット通販